通信世界大手のGoogleが発行しているGooglePlayギフトが持つどのような人が利用する?現金化に係る方法も紹介

グーグルプレイギフトカードのなぜ利用されている?

世界で多くの人が利用し、多くの方がその利便性を知っているGoogleが発行するギフトカードがあります。
このギフトカードは、コンビニのように気軽に買える場所だけでなく、スーパーでも気軽に購入できるようになりました。
ギフトカード類ですが、レジ前やレジ付近に置かれることも多く、目にしている方もたくさんいるかと思います。
これからギフトカードを利用したい方に米国アルファベットの子会社でもある「Google」が提供している「GooglePlay」カードについて、どの部分がいいのかなどの利点や特徴を紹介していきます。

ギフトカードは様々な場面で使えます

GooglePlayが提供しているサービスギフトカードに書かれている額面で支払いができる商品がGooglePlayギフトカードです。
特にゲームアプリの課金に利用されることが多く、○○○○○○○○(ゲーム名)にも使用することができます。
GooglePlayギフトカード現金やクレジットカード、キャリア決済など様々な方法で手に入ります。
書かれている金額分だけ利用するギフトカードですので、額面以上にお金を使うことがないため、使いすぎを抑えられる良さを持っています。

Googleのギフトカードを購入したいなら

販売されているGooglePlayギフトカードですが、GooglePlayが提供している公式のサイト、または大手通販のAmazonなどでも購入できます。
コンビニやスーパーで購入することができます販売されているGooglePlayギフトカードですが、非課税の商品ですので消費税は影響しません。
額面通りの金額が利用できます。

実際に販売されるGooglePlayギフトカードの金額

GooglePlayが発行しているカードは、基本的にEメールで送信されるタイプとコンビニなどで取り扱われているギフト券タイプがあります。
金額は1000円から購入できる仕組みで、最大で10000円まで用意されています。
必要な額だけ購入できるバリアブルカード形式も準備されていて、その金額は5円刻みで選べます。
GooglePlayギフトカードの購入場所には注意が必要店頭で販売されているGooglePlayギフトカードはいいのですが、個人的に販売を行っているサイトでは注意が必要です。
これらの出品されたギフトカードは、既に使えなくなっているもの、もしくは購入した金額よりも小さいものが提供されるケースもあり、初めて購入する方はもちろん、トラブルを避けたいと考えている方はなるべく購入を控えましょう。

できる限りGooglePlayギフトカードを安く安全に購入するためには

販売されているGooglePlayギフトカードを安く手に入れたいなら、額面より安く入る方法をご紹介します。
販売されている価格が、書かれている額面よりも安ければ得をします。
一番安く購入できる方法としては、万が一のトラブルにも瞬時に対応している、GoooglePlayギフトカード売買サイトがおすすめです。
GooglePlayギフトカードに関する売買サイトがいいでしょう。
個人でGooglePlayギフトカードを取引する方法です。
その特徴は、出品されているギフトコードが、常に10%以上の割引が適応され、時によっては20%以上割り引かれることもあります。
ギフトカードを取り扱う際とは多くありますが、返金保証を設けている売買サイトは限られています。
日本ではGifttissueとベテルギフトが行っていますので、この2つを利用するといいでしょう。

要らないGooglePlayカードは手放すことも考えたい

以前購入したものの使っていないGooglePlayギフトカードがあるなら、早々に換金を行いましょう。
換金の際に一番考えたいところは、GooglePlayギフトカード買取サイトを利用することです。
提供している換金率は最大で88%と高く、どの換金方法よりも高く最もお金を多く受け取ることができます。
しかも、ネットでの受付と振り込みを行いますので、来店する必要はなくその場で換金手続きを実現します。
営業も24時間、更には365日対応していますので、どうしてもお金が必要と判断されているところでGooglePlayギフトカードをお金に変えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です