GooglePlayカードを現金化する2つの方法!即日なら「買取サイト」時間をかけてもいいなら「売買サイト」で決まり!

グーグルプレイカードを高換金率で現金化する

グーグルプレイギフトカードって?

グーグルプレイギフトカードは、グーグルプレイストアで販売されている音楽をはじめとするアプリサービスなどのデジタルコンテンツがの支払いに利用できます。

たくさんの人が使用しているGooglePlayカードですが、利用しなかったりうっかり買ってしまった飲み会などの支払いで現金が必要になった。そんな時あったりしませんか。

そんな時には、Googlplayカードを換金してお金に換えてしまいましょう。

本記事では、Google Playカードの最もお得な換金のやり方についてお話ししていきます。

グーグルプレイカードの現金化の手段は主に2通り

グーグルプレイカードの換金手法はいくつかありますがより多くの現金をもらえる方法を考えると

  • 「買取サイトを利用」
  • 「売買サイトを利用」

の2種類に限定されます。

買取サイトは1年中いつでも即日入金が特徴的で、急いでいる方や絶対にお金を用意したい場合の方法として最適です。

売買サイトは、自分で決めた換金率で出品して買い手が現れれば換金できるサービスです。時間をかけてもいいから自分の納得のいく換金率にしたい場合向いています。

買取サイトを使う場合の現金化の流れ

手続きの方法はとても簡単でだいたい、3つの流れで終わり、現金が手にはいります。

買取の申し込み

それぞれのサイトから手続きのお願いをする

ギフト券のコード番号を送る

人気のGooglePlayコード(16文字のデジタルコード)買取サイトにメールで教える

入金があったかの確認

コード番号を知らせた後早い方だと20~30分くらいで自分の銀行口座にお金が振り込まれるので簡単に手続きが完了です。

買取サイトを使ううえで確認しておくこと

買取サイトを使う手法はおすすめの現金化の方法ですが中には悪徳サイトと呼ばれる悪質な業者も存在しているのでサイトをいくつか見るなど注意して下さい

万が一悪徳業者に当たってしまった場合の被害は入金の直前になって手数料を引かれて振込まれた振り込むと約束してから連絡が取れなくなった

このような悪徳サイトの被害に遭わないためにも利用するサイトはしっかりと調べ、間違いのないサイトを利用しましょう

売買サイトとは?

売買サイトは、メルカリやヤフオクといったフリマ、オークションサイトのような自分で出品を行うサイトです。

出品する金額は自分で決めルことが可能ですが購入したい人がいないと現金化に時間がかかってしまいます。

急いでいない時や、特に高い換金率で換金したいときに有効です。

売買サイトを利用した現金化の流れ

手続き方法は大きく分けて3つあります

アカウントを登録する

売買サイトを使用するにはいきなり出品はできないので初めはユーザーアカウントが必需です。

出品手続きをする

登録が終わったら売買サイトの出品欄を探し換金したい Google Playカードを登録することが可能となります。

購入者が現れたのち60分程度で現金化

出品されたGoogleplayギフト券が落札されたら成約確定が約60分で反映します。

購入が決まったタイミングでそれほど時間がかからずに自分の銀行口座に振り込んでくれるサイトもあれば、1回、1回出金申請を義務付けているサイトもあります。

売買仲介サイトの知っておくべき注意点

オークション、フリマサイトは個人と個人の取引がメインのためギフト券の落札金額が大きい場合の取引には向いていません。

また、相場より高い金額の場合全く買取してもらえないこともあります。

自分に都合の良い 現金化の方法を

現実的に最もお得な2つの換金の方法をご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

申込から現金化までのスピードやギフト券の種類などにより、それぞれに適した買取方法はことなります。

高い換金率を実現するために自信のやりやすいやり方での買取の方法を選択してください。

今回ご案内したやり方のどれかが求めていた情報ならぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)